カマグラの種類を検証

2019年05月25日
薬を飲む男性

カマグラという名称はインドで作られているバイアグラのジェネリック医薬品の名称として知られています。
インド国内ではカマグラゴールドという名称が用いられており、海外への輸出用にはカマグラという名称が使用されています。
バイアグラのジェネリックですので基本的には同じ効果なのですが、その種類については極めて多様なラインナップになっています。

一般にジェネリック医薬品は元となる薬品にある程度似ているものですが、カマグラの場合にはその種類の幅の広さが大きな特徴になっています。
有効成分はシルデナフィルと同一であるものの、元祖バイアグラと同じように錠剤になっている物もあれば水に溶かして飲むタイプの薬も存在しています。
他にもゼリー状になっている製品もあれば飴の様に口の中で溶かすタイプの物もあります。
この様な製品のタイプの幅広さがカマグラの特徴であると言えるでしょう。

この内水に溶かして飲みタイプはオレンジ味、ゼリー状の物はライチ、グアバ、キャラメル、ラズベリー、キウイ、いちじく、りんご味と7種類のラインナップがあります。
飴のように舐めるタイプもバナナ、パイナップル、オレンジ、イチゴと多くのラインナップにおいてフルーツの香りが付けられているのが特徴になっています。

これらはお菓子の様な特徴を持っていますが、成分はバイアグラそのものであり、管理上は注意が必要なものであると言えます。
またバイアグラと同じく腸での吸収を前提にしている製品ですので、空腹時に服用することが重要であると言えるでしょう。
日本では個人輸入などの方法でインターネット通販での取り寄せが可能ですが、偽物のリスクや健康への悪影響が懸念されますので相応の注意をする必要があると言えるでしょう。