Month: May 2019
カマグラの種類を検証

カマグラという名称はインドで作られているバイアグラのジェネリック医薬品の名称として知られています。 インド国内ではカマグラゴールドという名称が用いられており、海外への輸出用にはカマグラという名称が使用されています。 バイアグラのジェネリックですので基本的には同じ効果なのですが、その種類については極めて多様なラインナップになっています。 一般にジェネリック医薬品は元となる薬品にある程度似ているものですが、カマグラの場合にはその種類の幅の広さが大きな特徴になっています。 有効成分はシルデナフィルと同一であるものの、元祖バイアグラと同じように錠剤になっている物もあれば水に溶かして飲むタイプの薬も存在しています。 他にもゼリー状になっている製品もあれば飴の様に口の中で溶かすタイプの物もあります。 この様な製品のタイプの幅広さがカマグラの特徴であると言えるでしょう。 この内水に溶かして飲みタイプはオレンジ味、ゼリー状の物はライチ、グアバ、キャラメル、ラズベリー、キウイ、いちじく、りんご味と7種類のラインナップがあります。 飴のように舐めるタイプもバナナ、パイナップル、オレンジ、イチゴと多くのラインナップにおいてフルーツの香りが付けられているのが特徴になっています。 これらはお菓子の様な特徴を持っていますが、成分はバイアグラそのものであり、管理上は注意が必要なものであると言えます。 またバイアグラと同じく腸での吸収を前提にしている製品ですので、空腹時に服用することが重要であると言えるでしょう。 日本では個人輸入などの方法でインターネット通販での取り寄せが可能ですが、偽物のリスクや健康への悪影響が懸念されますので相応の注意をする必要があると言えるでしょう。

2019年05月25日
カマグラとバイアグラの価格の違い

ED治療薬として有名な薬と言えばバイアグラを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。 1998年にアメリカで販売されて以来、世界中にその名は知れ渡りました。 そして翌年の1999年には日本でもその販売が認められ、瞬く間に全国に広まりました。 バイアグラにはシルデナフィルと呼ばれる成分が含まれており、この成分が勃起を抑制しようとする酵素の働きを抑えることで、勃起を促進させる効果をもっているとされています。 ただし、バイアグラを飲んだからといって性的興奮を脳が感じなければ勃起には至りません。 また、精力剤や性的興奮を感じる様な媚薬とは違い、バイアグラ自身が性的興奮を増大させることはありません。 患者さんの中には、このことで誤解されている方も多いようです。 バイアグラは、あくまで血流を良くして勃起を促す効果のあるものです。 バイアグラはクリニックでは1錠から処方してくれるところもあります。 ただしとても高価な薬で、クリニックによって金額は多少変わりますが、1錠あたり1,300円~2,600円程度します。 1か月分になると39,000円~78,000円にもなるのです。 これではなかなか続けるのも困難です。 そこで、バイアグラのジェネリック薬品が注目を浴びるようになりました。 それが「カマグラ」です。 カマグラは、インドのムンバイを本拠とするAjanta Pharmaという製薬会社が製造している薬で、バイアグラのインド製ジェネリック医薬品です。 カマグラの特徴は、バイアグラのと違い種類が豊富であり、また安価であることです。 種類には、錠剤を水に溶かして飲む発泡タイプ・7種類のフルーツ味があるゼリータイプ・口の中で溶かすチュアブルタイプの3種類に分かれています。 また、金額では1錠あたり232円・1か月でも6,500円と、バイアグラの10分の1以下で手に入れることができます。 効果は全く変わりませんからかなり経済的です。

2019年05月14日